新装版 スピノザ エチカ抄

本・書籍 生涯学習 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村へ fc2ブログ ブログ王

書物復権2018年
スピノザ 著
佐藤 一郎 訳
2018年5月28日 発売中
みすず書房 新装版

スピノザ エチカ抄

amazonで見る⇒スピノザ エチカ抄【新装版】
紀伊國屋書店で見る⇒スピノザ エチカ抄【新装版】

スピノザは無神論者として、死後もしばらくはその名を口にするのが憚られ、著作も表立っては流布されることが難しかった。だが時を経て、レッシング、ゲーテなどのドイツの文学者が先駆けになって共感を呼び集め、さらにドイツ観念論の哲学者たちによってその哲学が議論の的になるまでの思潮は、スピノザ・ルネッサンスと呼ばれる。スピノザほど多くの人々を共感で惹きつけた哲学者はおそらくいない。
(引用)

第一部 神について
第二部 精神の自然の性と起源について
第三部 感情の起源と自然の性について〔抄〕
第四部 人間の奴隷状態、あるいは感情の勢力について〔抄〕
第五部 知性の力、あるいは人間の自由について

失敗しない学術書・哲学書の高額買取 専門店 哲学堂書店

スタッフが代わるがわる記事を書いていく予定です。主に新刊書のご紹介や、古書市開催のお知らせなどを配信していきます。買取や本に関することなども時々お知らせできたらと思います。哲学堂書店 買取サービス

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)