カント

新刊書発売のお知らせ

カントの道徳的人間学

カントの道徳的人間学 性格と社交の倫理学 プリミエ・コレクション124性格と社交の倫理学プリミエ・コレクション 124髙木裕貴 著京都大学学術出版会A5カント晩年の著作『人間学』をどのように評価するか。「なんじなすべし」という厳格な定言的命...
新刊書発売のお知らせ

友情を哲学する

友情を哲学する七人の哲学者たちの友情観戸谷洋志 著光文社新書 1243友情とは、互いが友情を認め合うことで成立する関係である。ならば、互いが友情をどのように定義しているかによって、その関係性はまったく異なるものになる。いま、友情という関係性...
新刊書発売のお知らせ

道徳形而上学の基礎づけ

道徳形而上学の基礎づけ最新の研究を取り込み、未来へと開かれた新訳イマヌエル・カント 著御子柴 善之 翻訳人文書院2022/12/19発売「あたかも君の行為の格率が君の意志によって普遍的自然法則になるべきであるかのような、そのような行為をせよ...
新刊書発売のお知らせ

シェリングとカント 『オプス・ポストゥムム』研究序説

シェリングとカント 『オプス・ポストゥムム』研究序説松山 壽一(著)法政大学出版局目次まえがき凡  例遺稿一覧第一部 シェリング自然哲学とカント自然哲学第一章 カントの自然哲学 序 一 『批判』の成立史と『諸原理』の成立史 二 『諸原理』の...
新刊書発売のお知らせ

カント 純粋理性批判 シリーズ世界の思想 

新刊書発売のお知らせイマヌエル・カント(著)御子柴 善之(著)KADOKAWA出版目次はじめに序章 人と作品第一章 純粋理性を批判するとは - 初版の序文から第二章 コペルニクス的転回 - 第二版の序文から第三章 『純粋理性批判』を貫く問い...
新刊書発売のお知らせ

倫理の起源

倫理の起源小浜 逸郎 著ポット出版プラス2019年4月20日 発売中「善」とは何か?私たちは、ふつう、「道徳」あるいは「善」という理念のようなものがどこかに存在して、それに依拠してみずから生活の秩序を組み立てていると考え、また日々そのように...
新刊書発売のお知らせ

カント哲学の核心

カント哲学の核心『プロレゴーメナ』から読み解く御子柴 善之 著2018年9月25日 発売中NHK出版主著『純粋理性批判』を書いたあと、周囲の無理解に悩まされたカントは自分でその要約版『プロレゴーメナ(序説)』を書いていた。懇切丁寧な解説で人...
新刊書発売のお知らせ

カントの「悪」論

カントの「悪」論中島 義道 著2018年9月12日 発売中講談社学術文庫カント倫理学の中で「悪」はどのように扱われているのだろうか。カント倫理学にはアディアフォラ(道徳的に善くも悪くもない領域)が開かれていない。その倫理学に一貫しているのは...
新刊書発売のお知らせ

カント批判『純粋理性批判』の論理を問う

カント批判『純粋理性批判』の論理を問う冨田恭彦 著2018年8月29日 発売中勁草書房ロックやバークリの研究者として、またローティの著作の翻訳者として知られる著者が、カント哲学の批判的な読解を試みる一連の仕事の完結篇。『純粋理性批判』におけ...
新刊書発売のお知らせ

明日の前に

明日の前に超越論的なものは、新たな生を開始するカトリーヌ・マラブー 著平野 徹 訳人文書院カトリーヌ・マラブー ジャック・デリダに師事し、フランス出身の女性哲学者。カント以降の哲学を相関主義として剔抉し、哲学の〈明日〉へ向かったメイヤスーに...
新刊書発売のお知らせ

世界の哲学者の言葉から学ぼう

世界の哲学者の言葉から学ぼう100の名言でわかる哲学入門小川 仁志 著2018年5月17日 発売中教育評論社ニーチェ、カント、アラン、サルトル、フロム…哲学者が残した珠玉の名言には、人生の悩み、ものの考え方、仕事、人間関係など、世の中に関す...
新刊書発売のお知らせ

本質がわかる哲学的思考

本質がわかる哲学的思考平原 卓 著ベストセラーズ2018年4月19日 発売中哲学入門の次はコレを読め!知識だけじゃない哲学的思考を身につける。プラトン、デカルト、カント、ヘーゲル、ニーチェ、ヴィトゲンシュタイン、フッサール―古今の哲学者たち...