哲学堂レザークラフト工房

この度 哲学堂レザークラフト工房を新設いたしました。

約一年前から準備を始め、少しずつ進めていた計画がやっと花開くまでに辿りつくことができました。最後の古書市に出店できる運びとなり、商品を置かせて頂いております。また5月までのこりわずかでございますが、4階の三省堂古書館コーナーでも販売予定です。

三省堂書店 神保町本店 8F特設会場にて販売中です

色は無難に赤、キャメル、黒の三色です。お値段は赤 1200円。キャメル 2500円。ブラック3200円。以下詳しい外観の写真です。

手縫いのハンドメイド作品になります。

赤はコンビ鞣しのソフトレザー。触った感じは柔らかくもちっとしております。

キャメル、ブラックはタンニン鞣し革。ハリとコシがあり若干硬めの革になり、使い込むことにより艶や経年変化が楽しめます。

手縫いのメリットはやはり耐久性があり縫い糸の”ほつれ”に強い点です。レザークラフト商品はミシンで量産してしまうことが多く、お店で売られているものの9割はミシンによるものです。

一方で手縫い作品はというと、手間がかかっている点お値段が急激に跳ね上がります。本牛革で手縫いの作品はどれもこれも高級品で、簡単に手がでないものです。合成皮革でもなく、環境に悪いクロム鞣し革でもない、植物タンニン鞣し革で提供できないだろうか?ここに一石を投じることが今回の挑戦です!

お値段を極限まで切り下げているため、使用する革は一度限り、量産することはできません。常に限定色・限定品とならざるをえませんのでご了承ください。欲しい色の作品の入荷が一年先という場合もありますので早めにお買い求めください。

今後は単行本タイプも加え、文庫、新書、単行本の3種類のブックカバーを提供していければと思っております。当面は弊社オンラインサイトでの販売を中心に、三省堂書店さんや他の書店さんにご協力のもと販売を進めていく予定です。

数に限りがありますがどうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメント