浄土思想入門 古代インドから現代日本まで

平岡 聡 著
KADOKAWA

浄土思想入門

amazonで見る⇒浄土思想入門 (角川選書)
紀伊國屋書店で見る⇒浄土思想入門 (角川選書)

念仏を称えれば、死後には阿弥陀仏の本願力に乗じて、善人も悪人も平等に西方の極楽浄土に往生すると説く浄土教。死を直視する教えはどのように変容してきたのか。インドで誕生したブッダの教えが、その後中国から日本に伝わり、法然により大きく展開された。結節点である法然を軸に浄土教の教えに迫りつつ、死を隠蔽し、科学の知を万能視して自我の肥大化が進行する、苦悩に満ちた現代社会を強かに生き抜くヒントを提供する。(引用)

序 章 現代社会における浄土教の意義
現代とはいかなる社会か
現代社会を生き抜くために──物語の必要性

第一章 インド仏教史
初期仏教からアビダルマ仏教へ
大乗仏教の出現

第二章 浄土教の誕生
浄土教前史
浄土経典──浄土三部経と般舟三昧経

第三章 インドと中国における浄土教の理解
インドの浄土教家──龍樹・世親
中国の浄土教家──曇鸞・道綽・善導

第四章 鎌倉時代までの日本仏教
通史
浄土教の展開

第五章 法然の浄土教
生涯と思想
法然門下──聖光・隆寛・証空

第六章 親鸞の浄土教
生涯と思想
親鸞の継承者──覚如・蓮如

第七章 一遍の浄土教
生涯と思想
一遍と法然・親鸞との比較

第八章 近代以降の浄土教家
浄土宗系──山崎弁栄・椎尾弁匡
浄土真宗系──清沢満之・曽我量深・金子大栄

終 章 浄土教が浄土教であるために

浄土思想史講義

聖典解釈の歴史をひもとく
平岡 聡 著
2018年6月14日 発売中
春秋社

amazonで見る⇒浄土思想史講義
紀伊國屋書店で見る⇒浄土思想史講義

インドの龍樹・世親から中国の曇鸞・道綽・善導、そして法然・親鸞まで。「聖典解釈による仏教変容」をテーマに、「浄土教の思想史」を語る画期的論考。「再解釈/脱皮/変容」をキーワードに仏教のダイナミズムを問う。

序章 変容の背景
一 聖典解釈という問題
二 仏教における言葉の問題
第一章 浄土教前史
一 阿弥陀仏と極楽浄土の起源
二 実践に関する思想
第二章 インドの浄土教
一 浄土三部経と般舟三昧経
二 龍樹――難行道と易行道
三 世親――瑜伽行唯識の浄土教
第三章 中国の浄土教
一 曇鸞――自力と他力
二 道綽――聖道門と浄土門
三 善導――中国浄土教の大成
第四章 日本の浄土教
一 法然――念仏のアイデンティティ変更
二 親鸞――大乗仏教としての浄土教
終章 変容する浄土教
一 仏教変容のダイナミズム
二 変容は必然

日本人のこころの言葉 鈴木大拙

竹村牧男 著
2018年6月5日 発売中
創元社

日本人のこころの言葉 鈴木大拙

amazonで見る⇒日本人のこころの言葉 鈴木大拙
紀伊國屋書店で見る⇒日本人のこころの言葉 鈴木大拙

日本が世界に誇る宗教哲学者・鈴木大拙は明治3年(1870年)に生まれ、若くして禅の奥義を体得、27歳で渡米して10余年にわたって仏教活動を展開する。戦後も欧米の多くの大学で講義をするとともに、一流の思想家や哲学者と交流しながら、95歳で没するまで仏教の人間観や世界観を広め世界から注目される。禅や日本浄土教に基づく広く深い思想から発せられた言葉を、膨大な著作や同時代に生きた人々の証言から選んで解説。(引用)

言葉編
1大拙の禅─無心ということ
2大拙の禅─即非の論理
3日本的霊性─浄土教と禅
4大悲に生きる
5東洋と西洋など

生涯編
略年譜
大拙の生涯と思想