濃霧の中の方向感覚

濃霧の中の方向感覚

鷲田清一 著
晶文社
2019年2月1日 発売中


amazonで見る⇒濃霧の中の方向感覚
紀伊國屋書店で見る⇒濃霧の中の方向感覚

危機の時代、先の見えない時代において、ほんとうに必要とされ、ほんとうに信じられる知性・教養とはなにか?それは、視界の悪い濃霧の中でも道を見失わずにいられる「方向感覚」のこと。複雑性の増大に耐えうる知的体力をもち、迷ってもそこに根を下ろしなおすことのできるたしかな言葉と出会う。社会、政治、文化、教育、震災などの領域において、臨床哲学者がみずからの方向感覚を研ぎ澄ませながら綴った思索の記録。(引用)

目次
まえがき
1 社会 Society
2 政治 Politics
3 文化 Culture
4 教育 Education
5 震災後のことば Literature After the Disaster
6 身辺雑記 Memories
対話の可能性──あとがきに代えて

学術書 哲学書の専門店 哲学堂書店

主に新刊書のご紹介や、古書市開催のお知らせなどを配信していきます。買取や本に関することなども時々書けたらと思います。本や読書の推進もさることながら日本に芽生えた「哲学」の地脈を広げられたらいいなと思っております。 一般社団法人全国読書推進協会会員 第六十一支部 哲学堂書店 哲学書 現代思想書の古本 買取ページ&学術書 専門書の古本 買取ページもよろしくお願いいたします。

コメントを残す