ミシェル・フーコー 統治の抗争史

ミシェル・フーコー 統治の抗争史

フーコー講義1978-79
重田園江 著
勁草書房
2018年11月 発売中

けいそうビブリオフィル
著者のあとがき立ち読みはこちらです。

統治の抗争史

amazonで見る⇒統治の抗争史: フーコー講義1978-79
紀伊國屋書店で見る⇒統治の抗争史: フーコー講義1978-79

近代とは、人間の数と格闘し、数の多さを利用し、その欲望を煽って膨張させつづける時代である。欲望の膨張を通じて支配が貫徹する。フーコーはその過程を執念深く、また力強くたどる。彼は権力と統治を描いているようでいて、実はその裏側に、対象となる人々の生を密かに再現しているのだ。掌握される人々、数としてカウントされる人々、欲望をかきたてられ、自己満足と自己膨張をくり返す人々。また、他者の欲望充足のために利用され、あるいは邪魔になり排除される人々、周縁化され抹消され忘れ去られた人々のうめき声の残響を描写するのだ。フーコーの独特な用語や思考の跳躍にあふれた講義を把握するには、読み手もある深さに達する必要がある。国家理性、ポリス、都市計画、病と衛生、人口、確率・統計、エコノミー…。キーワードと共に統治という概念の抗争史を描き、講義の核心に迫る。(引用 )

目次

序 章 統治性研究を位置づける
1.統治の出現経緯をたどる
2.一九七八年、七九年講義
3.統治性をめぐるこれまでの研究

第Ⅰ部 国家理性

第一章 統治、統治術、君主鑑
1.統治=人の導き
2.司牧と近代の統治との異同
3.君主鑑におけるエコノミー
4.法と統治の対比
5.統治の対象としての「物事」

第二章 国家理性(一)─国家理性とマキャヴェリ
1.国家理性という発明品
2.国家理性研究の現状
3.フーコーの議論の特徴
4.国家理性とマキャヴェリ
5.国家理性論における国家の保守

第三章 国家理性(二)─クーデタと反乱
1.ノーデのクーデタ
2.ベイコンの反乱
3.ベイコンとマキャヴェリの相違
4.ホッブズの自然状態と内戦について
5.フーコーの国家理性論の特徴

第四章 「ウェストファリア的秩序」
1.諸国家の競合
2.「ウェストファリア神話」
3.フーコーにおける「ヨーロッパの均衡」
4.フーコーとタック
5.力から成る世界

第五章 ポリス論
1.ポリス論とポリス研究の国際比較
2.仏独ポリス/ポリツァイ研究
3.フーコーの視点の特徴
4.フーコーのポリス論─ポリスとはなにか
5.ポリスが生み出す対象

第Ⅱ部 人口

第六章 ポリス、都市、都市計画
1.ポリスの特権的な場としての都市
2.都市像の変遷と都市計画urbanisme
3.ル・メートル『首都論』
4.人工都市リシュリュー
5.ナントの改革プラン

第七章 病と衛生
1.都市の不衛生
2.癩とペスト(一)─癩
3.癩とペスト(二)─ペスト
4.天然痘と接種

第八章 人口の誕生をめぐって(一)
1.人口をめぐる議論へのアプローチ
2.接種は正当化されるか
3.なぜ死亡表が重要か
4.『死亡表』をめぐる論争
5.人口学のはじまり

第九章 人口の誕生をめぐって(二)
1.古代近代論争
2.人口という語
3.人口と社会
4.『人口論』の知
5.人口学の誕生
6.人口の衝撃
7.ヒトという種

第一〇章 確率・統計と人口
1.統計学とは
2.確率のはじまり
3.パスカルの賭け
4.終身年金、生命保険、死亡表
5.社会の統計学的概念化

補 章 ベルヌイ─ダランベール問題の迷宮
1.問題の所在
2.惑星軌道は神の摂理か
3.聖ペテルブルクのパラドクス
4.接種の判断基準
5.ダランベールの数学観と確率

第Ⅲ部 エコノミー

第一一章 食糧難と穀物ポリス
1.環境と人口
2.食糧難
3.穀物という主題
4.穀物ポリス

第一二章 穀物自由化論
1.自由化をめぐる攻防
2.アベイユの自由化論
3.フランス初期経済学と商業の自由
4.グルネーサークル
5.チュルゴー対ネッケル

第一三章 フーコーによる自由主義の解釈
1.人民対人口
2.人口の自然性(一)─重商主義
3.人口の自然性(二)─フィジオクラット
4.人口の自然性(三)─欲望の組み込み
5.真理の場としての市場

第一四章 ホモ・エコノミクス
1.ホモ・エコノミクスの思想史
2.情念の政治経済学
3.究極の根拠としての利益
4.見えざる手と統治の限界
5.コンディヤックとエルヴェシウス
6.ベンサム

第一五章 統治とエコノミー
1.公的なものと私的なもの
2.統治の語義の変遷
3.エコノミーの語義の変遷(一)─全き家
4.エコノミーの語義の変遷(二)─『ヌーヴェルエロイーズ』
5.エコノミー概念の錯綜
6.ルソーのエコノミーポリティーク

第一六章 市民社会
1.統治性と市民社会
2.古代から近世へ─政治社会としての市民社会
3.ヒュームとルソーにおける市民社会と文明
4.ファーガスン『市民社会史』
5.フーコーにおける市民社会と統治

おわりに─哲学と歴史について

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)