浄土思想入門 古代インドから現代日本まで

本・書籍ランキング 生涯学習ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ fc2 ブログ王

平岡 聡 著
KADOKAWA

浄土思想入門

amazonで見る⇒浄土思想入門 (角川選書)
紀伊國屋書店で見る⇒浄土思想入門 (角川選書)

念仏を称えれば、死後には阿弥陀仏の本願力に乗じて、善人も悪人も平等に西方の極楽浄土に往生すると説く浄土教。死を直視する教えはどのように変容してきたのか。インドで誕生したブッダの教えが、その後中国から日本に伝わり、法然により大きく展開された。結節点である法然を軸に浄土教の教えに迫りつつ、死を隠蔽し、科学の知を万能視して自我の肥大化が進行する、苦悩に満ちた現代社会を強かに生き抜くヒントを提供する。(引用)

序 章 現代社会における浄土教の意義
現代とはいかなる社会か
現代社会を生き抜くために──物語の必要性

第一章 インド仏教史
初期仏教からアビダルマ仏教へ
大乗仏教の出現

第二章 浄土教の誕生
浄土教前史
浄土経典──浄土三部経と般舟三昧経

第三章 インドと中国における浄土教の理解
インドの浄土教家──龍樹・世親
中国の浄土教家──曇鸞・道綽・善導

第四章 鎌倉時代までの日本仏教
通史
浄土教の展開

第五章 法然の浄土教
生涯と思想
法然門下──聖光・隆寛・証空

第六章 親鸞の浄土教
生涯と思想
親鸞の継承者──覚如・蓮如

第七章 一遍の浄土教
生涯と思想
一遍と法然・親鸞との比較

第八章 近代以降の浄土教家
浄土宗系──山崎弁栄・椎尾弁匡
浄土真宗系──清沢満之・曽我量深・金子大栄

終 章 浄土教が浄土教であるために

学術書 哲学書の専門店 哲学堂書店

スタッフが代わるがわる記事を書いていく予定です。主に新刊書のご紹介や、古書市開催のお知らせなどを配信していきます。買取や本に関することなども時々お知らせできたらと思います。 哲学書 現代思想書の古本 買取ページ&学術書 専門書の古本 買取ページもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)