エコラリアス

本・書籍ランキング 生涯学習ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ fc2 ブログ王

言語の忘却について
ダニエル・ヘラー=ローゼン 著
関口涼子 訳
2018年6月8日 発売中
みすず書房

エコラリアス

amazonで見る⇒エコラリアス――言語の忘却について
紀伊國屋書店で見る⇒エコラリアス――言語の忘却について

「エコラリアス」とは、「エコー(反響)」+「ラリア(話)」の複数形で「反響言語」と訳される。言葉はいつも消えてしまった言葉のエコーとしてあり、失われた言語が響いている。忘却は創造の源であるとともに流離こそが言語の核心であることを明かす。フランス哲学のデリダ的脱構築とフーコー的アルケオロジーを継承し織り成す言語哲学の一冊。

第1章 喃語の極み
第2章 感嘆詞
第3章 アレフ
第4章 消滅危惧音素
第5章 H&Co.
第6章 流離の地で
第7章 行き止まり
第8章 閾
第9章 地層
第10章 地滑り
第11章 文献学の星
第12章 星はまた輝く
第13章 ニンフの蹄
第14章 劣った動物
第15章 アグロソストモグラフィー
第16章 Hudba
第17章 分裂音声学
第18章 アブー・ヌワースの試練
第19章 船長の教え
第20章 詩人の楽園
第21章 バベルの塔
解説 ダニエル・ヘラー=ローゼンとは何者か?
訳者あとがき
原註
参考文献

失敗しない学術書・哲学書の高額買取 専門店 哲学堂書店

スタッフが代わるがわる記事を書いていく予定です。主に新刊書のご紹介や、古書市開催のお知らせなどを配信していきます。買取や本に関することなども時々お知らせできたらと思います。哲学堂書店 買取サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)