新刊書発売のお知らせ

新刊書発売のお知らせ

習慣と脳の科学 みすず書房

習慣と脳の科学 どうしても変えられないのはどうしてかラッセル・A・ポルドラック 著神谷之康、児島修 訳 みすず書房 過食やスマートフォンの使いすぎから、飲酒や喫煙、果ては依存性のある薬物の使用まで、一度習慣づいた行動をやめたくてもやめられず...
新刊書発売のお知らせ

マックス・シェーラーの倫理思想

マックス・シェーラーの倫理思想 <倫理的人格の生成と存在>の視座から岩谷信 著東北大学出版会 人は、愛されて愛を知り、愛し返して初めて“人間”となる。愛とは、愛する相手の存在を無条件的全体的に肯定することであり、しかもこのような「愛と応答愛...
新刊書発売のお知らせ

自由の権利 民主的人倫の要綱

自由の権利 民主的人倫の要綱アクセル・ホネット 著水上英徳、大河内泰樹、宮本真也、日暮雅夫 訳叢書・ウニベルシタス 1153法政大学出版局四六判 正義論を再創造する。友情、性愛、家族といったパーソナルな関係、市場経済における消費と労働、さら...
新刊書発売のお知らせ

『啓蒙の弁証法』を読む 岩波書店

『啓蒙の弁証法』を読む 『啓蒙の弁証法』を読む岩波書店上野成利、高幣秀知、細見和之 著四六判 啓蒙の極限たる最高の知的段階に達したかに見える文明が、なぜナチスという野蛮に転化したのか―。ホルクハイマーとアドルノの主著『啓蒙の弁証法』における...
新刊書発売のお知らせ

親切の人類史-ヒトはいかにして利他の心を獲得したか

この記事を読んでいる人は下の記事も読んでいます。関連ページを表示しております。 親切の人類史 ヒトはいかにして利他の心を獲得したかみすず書房マイケル・E.マカロー 著的場知之 訳四六判 人間の「利他の心」の存在はどのように説明できるだろう?...
新刊書発売のお知らせ

道徳は本当に教えられるのか 東洋館出版社

この記事を読んでいる人は下の記事も読んでいます。関連ページを表示しております。 道徳は本当に教えられるのか 未来から考える道徳教育への12の提言田沼茂紀 著東洋館出版社四六判 目次 第1章 だれが学ぶのかコミュニティベースで構想する道徳教育...
新刊書発売のお知らせ

宗教哲学講義 講談社学術文庫

宗教哲学講義 講談社学術文庫 ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル 著山﨑純 訳講談社学術文庫 2749講談社 目次凡例日本語版への編者序文 ヴァルター・イェシュケ訳者まえがき【ヘーゲル 宗教哲学講義(一八二七年)】序論 はじめに...
新刊書発売のお知らせ

帝国の時代 新装版 みすず書房

帝国の時代 1・2 新装版 エリック・J・ホブズボーム 著野口建彦,野口照子 訳みすず書房2023-01-07 歴史家ホブズボームによる、『革命の時代』『資本の時代』に続く本書『帝国の時代』は、フランス革命(1789年)から第一次世界大戦勃...
新刊書発売のお知らせ

道徳形而上学の基礎づけ 人文書院

道徳形而上学の基礎づけ 最新の研究を取り込み、未来へと開かれた新訳イマヌエル・カント 著御子柴 善之 翻訳人文書院2022/12/19発売 「あたかも君の行為の格率が君の意志によって普遍的自然法則になるべきであるかのような、そのような行為を...
新刊書発売のお知らせ

ヒトは〈家畜化〉して進化した

この記事を読んでいる人は下の記事も読んでいます。関連ページを表示しております。 ヒトは〈家畜化〉して進化した 私たちはなぜ寛容で残酷な生き物になったのか 自己家畜化仮説が明かす、人間の進化と繁栄、そしてその代償とは?他の人類はすべて絶滅した...
新刊書発売のお知らせ

進化と人間行動 第2版 東京大学出版会

進化と人間行動 第2版 長谷川寿一、長谷川眞理子、大槻久 著 東京大学出版会A5判 目次第2版まえがきI 進化とは何か第1章 人間の本性の探求1 生物としての人間2 遺伝と環境――古くて新しい問題3 進化的人間理解をめぐる誤謬と誤解第2章 ...
新刊書発売のお知らせ

コンメンタール 教育基本法

コンメンタール 教育基本法 日本教育法学会 (編集)学陽書房 目次 はじめに凡例 教育基本法 前文  市川須美子 第1章 教育の目的及び理念第1条(教育の目的)  世取山洋介第2条(教育の目標)  石井拓児第3条(生涯学習の理念)   谷口...
新刊書発売のお知らせ

シェリングとカント 法政大学出版局

シェリングとカント 『オプス・ポストゥムム』研究序説 松山 壽一 (著)法政大学出版局 目次 まえがき凡  例遺稿一覧 第一部 シェリング自然哲学とカント自然哲学 第一章 カントの自然哲学 序 一 『批判』の成立史と『諸原理』の成立史 二 ...
新刊書発売のお知らせ

述語づけと発生 シェリング『諸世界時代』の形而上学

述語づけと発生 シェリング『諸世界時代』の形而上学 ヴォルフラム・ホグレーベ 著浅沼 光樹 (翻訳)加藤 紫苑 (翻訳)叢書・ウニベルシタス 1134法政大学出版局 目次 シェリングの印章第1章 序第2章 シェリングとダンテ——シェリングの...