ヴィトゲンシュタインタグ

小学生のための正書法辞典

小学生のための正書法辞典

ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン 著
丘沢静也、荻原耕平 翻訳
講談社学術文庫

<試し読みはこちら>

amazonで見る⇒小学生のための正書法辞典 (講談社学術文庫)
紀伊國屋書店⇒小学生のための正書法辞典 (講談社学術文庫)

ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン(1889-1951年)が生前に公刊した著書は、たった2冊である。1冊は『論理哲学論考』(1922年)、残る1冊はその4年後に刊行されている。それが『小学生のための正書法辞典』(1926年)であり、本書はその本邦初訳となる記念碑的訳業である。よく知られているように、ヴィトゲンシュタインは『論理哲学論考』を完成させたことで、哲学の問題はすべて解決されたと確信した。それゆえ、哲学から卒業して転身しようと思いつく。第一次世界大戦に従軍したあとに彼が選んだ道は、小学校の教師だった。

目次
小学生のための正書法辞典
序 文
本 文
解 説

キルケゴールの実存解釈

キルケゴールの実存解釈

自己と他者
河上正秀 著
2018年5月25日 発売中
春風社

キルケゴールの実存解釈

amazonで見る⇒キルケゴールの実存解釈―自己と他者
紀伊國屋書店で見る⇒キルケゴールの実存解釈―自己と他者

キルケゴールはいかに受容されてきたのか。レヴィナス、デリダ、ウィトゲンシュタインらの解釈をたどり、その現代性を明らかにする。

第Ⅰ部 主体と他者
第1章 自己と他者―実存の思想から他者の思想へ
第2章 実存から他者へ―レヴィナス、デリダの読解
第3章 実存論的主体の他者論的転回―K・レーヴィット
第4章 非同一の主体性
第Ⅱ部 受容と解釈
第1章 ウィトゲンシュタインのまなざし
第2章 解釈と生―田辺元の「実存」受容の一断面
第3章 実存と倫理
第4章 『現代の批判』とわれわれの「現代」
補遺その1 沈黙と言語
補遺その2 仮名と著作―沈黙の語り出すもの

本質がわかる哲学的思考

本質がわかる哲学的思考

本質がわかる哲学的思考
平原 卓 著

4月19日 発売中
ベストセラーズ

amazonで見る⇒本質がわかる哲学的思考

哲学入門の次はコレを読め!知識だけじゃない哲学的思考を身につける。プラトン、デカルト、カント、ヘーゲル、ニーチェ、ヴィトゲンシュタイン、フッサール―古今の哲学者たちはいかに考えたか。

プラトンからフッサール、ウィトゲンシュタインまで。古代から近現代へと哲学の変 遷をたどることによって、ただの知識だけではなく、哲学を実際に活用するための哲 学的思考を身につける。

序章 哲学の方法 より深く考えるために
第一章 本質の哲学 「対話」という方法
第二章 道徳と良心 自由と善をつなぐもの
第三章 共通了解 言葉と可能性