レヴィナス著作集 第3巻

レヴィナス著作集 第3巻

エロス・文学・哲学
E・レヴィナス 著
渡名喜庸哲、三浦直希、藤岡俊博 訳
2018年7月20日 発売中
法政大学出版局

レヴィナス著作集 第3巻

amazonで見る⇒レヴィナス著作集 3: エロス・文学・哲学
紀伊國屋書店で見る⇒レヴィナス著作集 3: エロス・文学・哲学

リトアニアに生まれた青年は、ロシア語で詩を書き、ドイツ語で哲学を学び、フランス語で小説を夢見た。遺された二つの哲学的小説の試み『エロス/悲しき豪奢』『ヴェプラー家の奥方』をはじめ、青年期~壮年期レヴィナスの感性と経験、想像力を鮮やかに示す詩作品や創作ノートを初収録。ジャン=リュック・ナンシーによる序が、テクストの意味と固有性を当時の文学状況のうちに位置づける。(引用)

はしがき

序 レヴィナスの文学的な〈筋立て〉 ジャン=リュック・ナンシー

編集上の統一事項表
「連続版」に関する前書き

1『エロス』あるいは『悲しき豪奢』
『エロス』あるいは『悲しき豪奢』(連続版)
『エロス』のテクストの校訂についての注記
『エロス』あるいは『悲しき豪奢』(生成版)

2『ヴェプラー家の奥方』
『ヴェプラー家の奥方』(連続版)
テクストの校訂についての注記
『ヴェプラー家の奥方』(生成版)

3エロスについての哲学ノート
『エロスについての哲学ノート』の校訂に関する注記
『エロスについての哲学ノート』
第一の集合
第二の集合
第三の集合
第四の集合
第五の集合

4青年期のロシア語著作・その他
ロシア語テクストの校訂に関する注記
1.手帳(一九二一─一九二三年)
2.散文テクスト
3.詩と断章
4.その他のテクスト

ロシア語テクストの補遺に関する注記
履歴書
詩人ハイーム・ナフマン・ビアリクの研究

キルケゴールの実存解釈

キルケゴールの実存解釈

自己と他者
河上正秀 著
2018年5月25日 発売中
春風社

キルケゴールの実存解釈

amazonで見る⇒キルケゴールの実存解釈―自己と他者
紀伊國屋書店で見る⇒キルケゴールの実存解釈―自己と他者

キルケゴールはいかに受容されてきたのか。レヴィナス、デリダ、ウィトゲンシュタインらの解釈をたどり、その現代性を明らかにする。

第Ⅰ部 主体と他者
第1章 自己と他者―実存の思想から他者の思想へ
第2章 実存から他者へ―レヴィナス、デリダの読解
第3章 実存論的主体の他者論的転回―K・レーヴィット
第4章 非同一の主体性
第Ⅱ部 受容と解釈
第1章 ウィトゲンシュタインのまなざし
第2章 解釈と生―田辺元の「実存」受容の一断面
第3章 実存と倫理
第4章 『現代の批判』とわれわれの「現代」
補遺その1 沈黙と言語
補遺その2 仮名と著作―沈黙の語り出すもの