ニーチェタグ

倫理の起源

小浜 逸郎 著
ポット出版プラス
2019年4月20日 発売中

amazonで見る⇒『倫理の起源』
紀伊國屋書店で見る⇒『倫理の起源』

「善」とは何か?
私たちは、ふつう、「道徳」あるいは「善」という理念のようなものがどこかに存在して、それに依拠してみずから生活の秩序を組み立てていると考え、また日々そのように振る舞っている。しかし、では、その「道徳」あるいは「善」とは、どんな姿をとっており、それがいかなる理由によって根拠づけられるのか。プラトン、カント、ニーチェ、J・S・ミル、和辻哲郎を超え、「倫理問題」の拠ってきたるところと、それが含む厄介さについて、徹底的に明らかにする。(引用)

目次

第Ⅰ部 道徳はどのように立ち上がるか
第一章 良心の発生
第二章 善とは何か

第Ⅱ部 西洋倫理学批判
第三章 プラトンの詐術
第四章 イデアという倒錯
第五章 カントの道徳原理主義
第六章 ニーチェの道徳批判
第七章 J・S・ミルの功利主義

第Ⅲ部 人倫がもつ矛盾をどう克服するか
第八章 和辻哲郎の共同体主義
第九章 人間関係の基本モード(1)性愛・友情・家族
第十章 人間関係の基本モード(2)職業・個体生命・公共性

 

著者ブログ「ことばの闘い」
https://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo

ツァラトゥストラ&新しい学 上下巻

『ツァラトゥストラ』
ニーチェ 著
手塚 富雄 訳
2018年5月22日 発売中
中公文庫 ニ 2-3
中央公論新社

ツァラトゥストラ

amazonで見る⇒ツァラトゥストラ (中公文庫 ニ 2-3)

紀伊國屋書店で見る⇒ツァラトゥストラ (中公文庫 ニ 2-3)

神の死でニヒリズムに陥ったヨーロッパ精神を、生をありのままに肯定し自由な境地に生きる超人によって克服する予言の書。この近代の思想と文学に強烈な衝撃を与えた、ニーチェの主著を格調高い訳文と懇切な訳注で贈る。文字を大きくした読みやすい新版

『新しい学』上巻
ジャンバッティスタ・ヴィーコ 著
上村 忠男 訳
2018年5月22日 発売中
中公文庫 ウ 11-1
中央公論新社

新しい学 上

amazonで見る⇒新しい学(上) (中公文庫 ウ 11-1)

紀伊國屋書店で見る⇒新しい学(上) (中公文庫 ウ 11-1)

デカルトの科学主義に立ち向かい、人間の歴史の価値に光をあてるヴィーコ。古文献・風習・言語・芸術・貨幣などを読むことで、〈真なるもの〉に迫る

『新しい学』下巻
ジャンバッティスタ・ヴィーコ 著
上村 忠男 訳
2018年5月22日 発売中
中公文庫 ウ 11-2
中央公論新社

新しい学 下

amazonで見る⇒新しい学(下) (中公文庫 ウ 11-2)

紀伊國屋書店で見る⇒新しい学(下) (中公文庫 ウ 11-2)

古代ギリシア・ローマの歴史と思想に探求の歩を進め、文明や社会の成り立ちと実質について考察を展開。「第2巻第4部 詩的政治学」以下を収める。

世界の哲学者の言葉から学ぼう

100の名言でわかる哲学入門
小川 仁志 著
2018年5月17日 発売中
教育評論社

amazonで見る⇒世界の哲学者の言葉から学ぼう

紀伊國屋書店で見る⇒世界の哲学者の言葉から学ぼう

ニーチェ、カント、アラン、サルトル、フロム…

哲学者が残した珠玉の名言には、

人生の悩み、ものの考え方、仕事、人間関係など、世の中に関するヒントが満載!

第1章 哲学の始まり(古代ギリシア、中世、ルネサンス)
第2章 哲学の高まり(近世、近代)
第3章 哲学の展開(現代―反近代の思想)
第4章 哲学の拡散(現代―ポスト構造主義以後)
第5章 東洋の哲学(中国、日本)

本質がわかる哲学的思考

本質がわかる哲学的思考
平原 卓 著

4月19日 発売中
ベストセラーズ

amazonで見る⇒本質がわかる哲学的思考

哲学入門の次はコレを読め!知識だけじゃない哲学的思考を身につける。プラトン、デカルト、カント、ヘーゲル、ニーチェ、ヴィトゲンシュタイン、フッサール―古今の哲学者たちはいかに考えたか。

プラトンからフッサール、ウィトゲンシュタインまで。古代から近現代へと哲学の変 遷をたどることによって、ただの知識だけではなく、哲学を実際に活用するための哲 学的思考を身につける。

序章 哲学の方法 より深く考えるために
第一章 本質の哲学 「対話」という方法
第二章 道徳と良心 自由と善をつなぐもの
第三章 共通了解 言葉と可能性