トレヴァー・ハーレイタグ

心理言語学を語る

心理言語学を語る

ことばへの科学的アプローチ
トレヴァー・ハーレイ 著
川﨑 惠里子 監訳
2018年6月25日 発売中
誠信書房

心理言語学を語る

amazonで見る⇒心理言語学を語る: ことばへの科学的アプローチ
紀伊國屋書店で見る⇒心理言語学を語る: ことばへの科学的アプローチ

人はどのように言語を話し、聴き、読み、そして学ぶのか。本書は実験的アプローチを用いて、言語がどのように科学的に研究が可能か、またこれらの実験に基づいて、どのように言語処理のモデルを構築できるかを示しながら、上記の疑問に答える。さらに、子どもの言語獲得、脳科学との関連、失語症等の言語障害など、現代心理言語学の主要テーマを網羅し、多様な論点を整理している。近年、この分野の研究は盛んであるが、実験心理学の立場から体系的に書かれたテキストは少ないなか、本書は最新の解説書として優れており、関連分野を専攻する学部生レベルから読める入門書である。(引用)

第1章 言語の心理学
第2章 動物のコミュニケーション
第3章 子どもの言語獲得
第4章 思考と言語
第5章 意  味
第6章 単語認知と失読症
第7章 文章理解
第8章 発話と失語症
第9章 終わりに