現代哲学のキーコンセプト 非合理性

現代哲学のキーコンセプト 非合理性

現代哲学のキーコンセプト 非合理性
リサ・ボルトロッティ 著
鴻 浩介 訳
2019年7月24日 発売中

amazonで見る⇒現代哲学のキーコンセプト 非合理性
紀伊國屋書店で見る⇒現代哲学のキーコンセプト 非合理性

理性の営みとしての哲学にとって、「非合理性」はある意味で最も重大なテーマだ。本書は、精神医学や心理学、行動経済学などの成果を参照しながら、非合理性に関する常識を批判し、この多義的な概念の諸相を分析する。人間の不可欠の部分として非合理性を位置づけ、情動、認知、判断、幸福や人生の意味などのテーマに新たな光をあてる。(引用)

序 論
本書の計画
本書の方法論
いくつかのテーマ
本書の構成

1 非合理性と解釈
1.1 ふるまいを予測・説明する
1.2 合理性か,それとも理解可能性か?
1.3 推論の体系的な誤り
1.4 限界をもった存在にとっての合理性
1.5 合理性と信念の本性
結論と含意
文献案内

2 非合理性と心の健康
2.1 狂気とは合理的でないことか
2.2 狂気とは病んでいることか
2.3 精神医学の診断における非合理性
2.4 非合理性と行為の責任
2.5 非合理性,心の健康,そして行為者性
結論と含意
文献案内

3 非合理性と選択
3.1 感情と意思決定
3.2 感情と道徳的な行為者性
3.3 直観と意思決定
3.4 知恵と熟練
結論と含意
文献案内

4 非合理性と世界
4.1 認識的な合理性と科学
4.2 現実から乖離した信念
4.3 記憶の歪曲と自己物語
結論と含意
文献案内

結 論――非合理な人間の行為者

参考文献
日本語参考文献
解説 非合理性と合理性の伸縮……………一ノ瀬正樹
訳者あとがき

学術書 哲学書の専門店 哲学堂書店

主に新刊書のご紹介や、古書市開催のお知らせなどを配信していきます。買取や本に関することなども時々書けたらと思います。本や読書の推進もさることながら日本に芽生えた「哲学」の地脈を広げられたらいいなと思っております。 一般社団法人全国読書推進協会会員 第六十一支部 哲学堂書店 哲学書 現代思想書の古本 買取ページ&学術書 専門書の古本 買取ページもよろしくお願いいたします。

コメントを残す