8月 2019アーカイブ

2019年 神保町 涼風古書市 参加のお知らせ

2019年 神保町 涼風古書市へ

哲学堂書店の参加が決定いたしました!

 

2019年8月23日(金)~9月9日(月)

三省堂書店神保町本店 8階特設会場

各日10時~20時まで営業しております。

全国から19店舗が参加いたします。

哲学堂書店が参加しております。

哲学・思想・政治・社会・精神 ジャンルの古書を多数出品予定です。

ワゴン2台で大量放出を予定しております。

ご来店お待ちしております。

哲学堂書店 浦山幹生

現代哲学のキーコンセプト 非合理性

現代哲学のキーコンセプト 非合理性
リサ・ボルトロッティ 著
鴻 浩介 訳
2019年7月24日 発売中

amazonで見る⇒現代哲学のキーコンセプト 非合理性
紀伊國屋書店で見る⇒現代哲学のキーコンセプト 非合理性

理性の営みとしての哲学にとって、「非合理性」はある意味で最も重大なテーマだ。本書は、精神医学や心理学、行動経済学などの成果を参照しながら、非合理性に関する常識を批判し、この多義的な概念の諸相を分析する。人間の不可欠の部分として非合理性を位置づけ、情動、認知、判断、幸福や人生の意味などのテーマに新たな光をあてる。(引用)

序 論
本書の計画
本書の方法論
いくつかのテーマ
本書の構成

1 非合理性と解釈
1.1 ふるまいを予測・説明する
1.2 合理性か,それとも理解可能性か?
1.3 推論の体系的な誤り
1.4 限界をもった存在にとっての合理性
1.5 合理性と信念の本性
結論と含意
文献案内

2 非合理性と心の健康
2.1 狂気とは合理的でないことか
2.2 狂気とは病んでいることか
2.3 精神医学の診断における非合理性
2.4 非合理性と行為の責任
2.5 非合理性,心の健康,そして行為者性
結論と含意
文献案内

3 非合理性と選択
3.1 感情と意思決定
3.2 感情と道徳的な行為者性
3.3 直観と意思決定
3.4 知恵と熟練
結論と含意
文献案内

4 非合理性と世界
4.1 認識的な合理性と科学
4.2 現実から乖離した信念
4.3 記憶の歪曲と自己物語
結論と含意
文献案内

結 論――非合理な人間の行為者

参考文献
日本語参考文献
解説 非合理性と合理性の伸縮……………一ノ瀬正樹
訳者あとがき

第五回 哲学プラクティス連絡会 開催のお知らせ

哲学プラクティスとは、おもに対話という方法を用いながら、哲学的なテーマについて共同で探求する実践的な活動をさします。哲学プラクティス連絡会は、哲学プラクティスの普及と発展、実践者や研究者の相互の交流をはかることを目的として、2015 年に発足した連絡会です。

第五回を迎える 哲学プラクティス連絡会が8月に開催いたします。

■会場
立正大学品川キャンパス3号館 1・2階
東京都品川区大崎4-2-16
アクセス
大崎駅、五反田駅から徒歩5分
大崎広小路駅から徒歩1分

■参加費
一般:2,000円
学生:1,000円
高校生以下無料
*ご参加にあたり、「哲学プラクティス連絡会」参加費を当日会場にて貰い受けます。
*学生の方は、当日、受付にて学生証のご提示をお願いします。

当該分野に関心のある方、どなたでも参加いただけます。

曜日別プログラムはこちら

※詳しくは、哲学プラクティス連絡会をご覧ください。

人間本性論 第2巻

情念について
デイヴィッド ヒューム 著
石川 徹,中釜 浩一,伊勢 俊彦 訳
法政大学出版局
2019年7月23日 発売中

amazonで見る⇒人間本性論 第2巻 〈普及版〉
紀伊國屋書店で見る⇒人間本性論 第2巻 〈普及版〉

第1部 誇りと卑下について
主題の区分
誇りと卑下について―それらの対象と原因
これらの対象と原因は何に由来するか
ほか…

第2部 愛と憎しみについて
愛と憎しみの対象と原因について
この体系を強化する実験
諸困難の解決
ほか…

第3部 意志と直接情念について
自由と必然性について
同じ主題(自由と必然性)の続き
意志に影響する動機について
ほか…