ヘーゲル 人と思想

ヘーゲル 人と思想

寄川 条路 著
晃洋書房

amazonで見る⇒ヘーゲル ―人と思想―
紀伊國屋書店で見る⇒ヘーゲル ―人と思想―

この1冊でヘーゲルのすべてがわかる、伝記と作品の総まとめ。論理から自然へ、社会から国家へ、政治から経済へ、法律から歴史へ、芸術から宗教へ、あらゆるものを包み込む、壮大な学問の体系。(引用)

目次

序 章 ヘーゲルの生涯(1770年~1831年)
第1章 初期論集(1785年~1800年)
第2章 批評論集(1801年~1803年)
第3章 体系草稿(1803年~1806年)
第4章 精神現象学(1807年)
第5章 教育論集(1808年~1816年)
第6章 論理学(1812年~1816年)
第7章 エンチクロペディー(1817年~1830年)
第8章 法の哲学(1821年)
第9章 後期論集(1817年~1831年)
第10章 ヘーゲル学派(1831年~1890年)
第11章 ヘーゲルと現代思想
第12章 ヘーゲルと現代社会

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)