科学哲学の源流をたどる

本・書籍ランキング 生涯学習ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ fc2 ブログ王

研究伝統の百年史
伊勢田哲治 著
ミネルヴァ書房

科学哲学の源流をたどる

amazonで見る⇒科学哲学の源流をたどる:研究伝統の百年史
紀伊國屋書店で見る⇒科学哲学の源流をたどる:研究伝統の百年史

科学哲学は科学と離れて独自の問題意識を育ててきた。しかし、その問題意識を科学者に説明するには苦労することもある。どうしてなのだろうか。
本書では、現在とつながるような研究があらわれる1830年ごろから、ウィーン学団の結成が宣言されて科学哲学が学術分野として成立する1929年までの
100年間におよぶ科学哲学の道のりをたどることで、この問いに答える手がかりを考えてゆく。(引用)

序 章 科学哲学の来た道

第1章 帰納と仮説をめぐる論争
1 ジョン・ハーシェル
2 ウィリアム・ヒューウェル
3 ジョン・スチュアート・ミル

第2章 「サイエンティスト」の起源
1 「サイエンス」と「サイエンティスト」
2 「サイエンティスト」のその後

第3章 19世紀のクリティカルシンキング
1 19世紀までのクリティカルシンキング
2 ウェイトリーとミル

第4章 実証主義の成立
1 観察可能な対象に科学のスコープを限る思想
2 「実証主義」という言葉の起源

第5章 19世紀末から20世紀初頭の科学哲学
1 ドイツ語圏における科学哲学の展開
2 社会科学の哲学のおこり
3 英米の科学哲学
4 フランスの科学哲学

第6章 論理実証主義へと続く道
1 ウィーン学団につながるさまざまな道
2 哲学内部の運動としての科学哲学


あとがき

————————————
この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

学術書 哲学書の専門店 哲学堂書店

スタッフが代わるがわる記事を書いていく予定です。主に新刊書のご紹介や、古書市開催のお知らせなどを配信していきます。買取や本に関することなども時々お知らせできたらと思います。 哲学書 現代思想書の古本 買取ページ&学術書 専門書の古本 買取ページもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)