言語と行為

いかにして言葉でものごとを行うか
ジョン・ラングショー・オースティン 著
飯野勝己 訳
講談社学術文庫
2019年1月12日 発売

amazonで見る⇒言語と行為 いかにして言葉でものごとを行うか
紀伊國屋書店で見る⇒言語と行為 いかにして言葉でものごとを行うか

本書で提示された理論は「言語行為論(speech act theory)」と呼ばれる。従来の言語論は、命題の真偽を問題にしてきた。それに対してオースティンは、言葉はただ事実を記述するだけでなく、言葉を語ることがそのまま行為をすることになるケースがある、と言う。例えば、「約束する」と発話することは「約束」という行為を行うことである。ここにある「確認的(コンスタティヴ)」と「遂行的(パフォーマティヴ)」の区別は、以降の哲学に不可逆的な影響を与えた。(引用)

第I講 〔遂行体と確認体〕
第II講 〔適切な遂行体のための諸条件〕
第III講 〔不適切さ──不発〕
第IV講 〔不適切さ──悪用〕
第V講 〔遂行体の条件として考えうるもの〕
第VI講 〔明示的な遂行体〕
第VII講 〔明示的な遂行的動詞〕
第VIII講 〔発語行為、発語内行為、発語媒介行為〕
第IX講 〔発語内行為と発語媒介行為の区別〕
第X講 〔「……と言うことにおいて」対「……と言うことによって」〕
第XI講 〔言明、遂行体、発語内の力〕
第XII講 〔発語内の力の分類〕

社会的なものを組み直す

アクターネットワーク理論入門
ブリュノ・ラトゥール 著
伊藤嘉高 訳
法政大学出版局
2019年1月11日 発売

amazonで見る⇒社会的なものを組み直す
紀伊國屋書店で見る⇒社会的なものを組み直す

主体/客体あるいは人間/自然といった近代的世界認識を超え、脱中心的なネットワークとして社会を記述するアクターネットワーク理論。アーリ、ラッシュら多くの社会学者に影響を及ぼし、技術社会論、情報論、経営学、地理学、人類学、哲学、アートにもインパクトを与えた方法論を、提唱者であるラトゥール自身が解説する。現代の知見をふまえてアップデートされたラトゥール社会学の核心。(引用)

目次
謝 辞
序章──連関をたどる務めに立ち帰るには

第Ⅰ部 社会的世界をめぐる論争を展開させるには
はじめに──論争を糧にすることを学ぶ
第一の不確定性の発生源──グループではなく、グループ形成だけがある
グループ形成が残す痕跡のリスト
ノー・ワーク、ノー・グループ──働きかけがなければ、グループはない
媒介子 対 中間項
第二の不確定性の発生源──行為はアクターを超えてなされる
〈アクターが行為する〉ように他の多くのものがしている
実地に根ざした形而上学を探究する
エージェンシーをめぐる論争を地図に示すためのリスト
誰かに何かをさせる方法
第三の不確定性の発生源──モノにもエージェンシーがある
働いているアクターの種類を増やさなくてはならない
モノを行為の進行に与するものにする
モノはところどころでしか痕跡を残さない
モノの活動が簡単に可視化される状況のリスト
権力関係を忘却してきたのは誰なのか
第四の不確定性の発生源──〈厳然たる事実〉対〈議論を呼ぶ事実〉
構築主義 対 社会構築主義
科学社会学の幸いなる難破
社会的説明は必要ない
翻訳 対 移送
経験には目に映る以上のものがある
〈議論を呼ぶ事実〉を展開するのに資するリスト
第五の不確定性の発生源──失敗と隣り合わせの報告を書きとめる
テクストを書くのであって、窓ガラスを通して見るのではない
ついにネットワークが何であるのかを定義する
基本に帰る──ノートのリスト
批判ではなく、展開
アリ/ANTであることの難しさについて──対話形式の幕間劇
導入──消極的な理論と積極的な理論
ネットワークと、記述の重要性について
解釈的なパースペクティブと客観主義的なパースペクティブについて
相対主義、ANT、コンテクストについて
文字による記述、作り話、論文について
痕跡を残さないアクターと、研究から学ぶ必要のないアクターについて
反省性と説明について
構造主義とANTの果てしない隔たり
科学、権威、意義について

第Ⅱ部 連関をたどり直せるようにする
はじめに──社会的なものをたどることは、なぜ難しいのか?
社会的なものをフラットな状態に保つ方法
第一の手立て──グローバルなものをローカル化する
パノプティコンからオリゴプティコンへ
パノラマ
第二の手立て──ローカルなものを分散させ直す
分節化、ローカル化の装置
対面的な相互作用という場の怪しさ
プラグイン
アクターから、分かちがたい結合へ
第三の手立て──複数の場を結びつける
規格から収集型の言表へ
ついに媒介子
プラズマ──ミッシング・マス

結章 社会から集合体へ──社会的なものを組み直すことは可能か
どのような政治認識論なのか?
数あるなかの一学問分野
政治の異なる定義

2019年 チャレンジの年

新年あけましておめでとうございます。

月日が経つのは早いもので、気が付けば2019年となっておりました。

哲学堂書店も皆様から厚いご愛顧により、数十年が経ち成長を続けることができました。

本年はさらにいろいろな方面へチャレンジし、手を伸ばして

①哲学対話・哲学カフェの定期開催

②特殊なポータタルサイトの開発・構築

を目指して、哲学の出版・古書業界、生涯学習や教養としての哲学の流布・促進・発展に向けて貢献できたらと思います。

 

どうぞ本年度も哲学堂書店をどうか宜しくお願い申し上げます。

 

またわたくしの個人的な電子書籍の出版も予定しております。

(当初はブログで公開する予定でしたが、長い文章になってしまったので電子書籍という形をとりました)

本の表紙はこちらです(笑)

出版の真似事ができるのはとても楽しいですね。

ただ今、校正の真っ最中なので完成しましたら宜しくお願いいたします。

年末のご挨拶

早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。

皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

ブログを始めてまだ8ヶ月といろいろ模索しながらも、哲学書の出版業界、

古書業界また生涯学習や教養としての哲学の流布・促進・発展を願って取り組んできた思いがあります。

来年も、更に良いご縁を頂けますよう誠心誠意努力する所存ですので、

より一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

時節柄、ご多忙のことと存じます。

くれぐれもお身体にはご自愛ください。

来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げます。

これにて歳末のご挨拶とさせて頂きます。

余談になりますが

来年の1月頃に電子書籍を出版する予定です。

タイトルは『哲学堂書店 店主のつぶやき–哲学の三つの特徴–』です。

近年頻繁に起こる哲学ブームや哲学について店主のつぶやきを記しています。

ぜひ宜しくお願い申し上げます。

マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学する

丸山俊一 著
NHK「欲望の時代の哲学」制作班 著
NHK出版

amazonで見る⇒マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学する (NHK出版新書 569)
紀伊國屋書店で見る⇒マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学する (NHK出版新書 569)

著書が日本で異例の売れ行きを見せている“哲学界の新星”、マルクス・ガブリエル。2018年6月の来日時の滞在記録をまとめて大反響となったNHK番組「欲望の時代の哲学」を待望の書籍化。あのガブリエルが、誰にでも分かる言葉で「戦後史」から「日本」までを語りつくす! 世界的ロボット工学者・石黒浩氏とのスリリングな対論も収録。本格的に哲学を論じた著書が日本で異例の売れ行きを見せた“哲学界の新星”が来日。滞日記録をまとめて大好評となったNHK番組「欲望の時代の哲学」を書籍化!あのガブリエルが、誰にでも分かる言葉で「戦後史」から「日本」まで語りつくす!彼が日本で感じた「壁」とは?フェイクニュース時代になぜ哲学が有効なのか?世界的ロボット工学者・石黒浩氏とのスリリングな対論も収録。(引用)

 

全大阪古書ブックフェア 2018

全大阪古書ブックフェアが12月21日から開催いたします。

大阪を中心に神戸・京都の24店舗が出店。

2018年12月21日~2018年12月23日
午前10時~午後6時(最終日は午後4時までとなります)

会場には特集コーナーを設置!
特集コーナーでは関西の食文化を始めとして関西の地方誌などを陳列
販売しております。

会場にて出品目録抄を配布します。

会場は大阪古書会館 大阪市中央区粉川町4-1

谷町四丁目駅、谷町六丁目駅から徒歩5分

特集は「関西、まんぷく」。関西の食文化をはじめ、関西の地方誌も。
年末年始用の本を探しにお越しください!

大阪古書組合広報部 Twitterも宜しくお願いいたします。

小学生のための正書法辞典

ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン 著
丘沢静也、荻原耕平 翻訳
講談社学術文庫

<試し読みはこちら>

amazonで見る⇒小学生のための正書法辞典 (講談社学術文庫)
紀伊國屋書店⇒小学生のための正書法辞典 (講談社学術文庫)

ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン(1889-1951年)が生前に公刊した著書は、たった2冊である。1冊は『論理哲学論考』(1922年)、残る1冊はその4年後に刊行されている。それが『小学生のための正書法辞典』(1926年)であり、本書はその本邦初訳となる記念碑的訳業である。よく知られているように、ヴィトゲンシュタインは『論理哲学論考』を完成させたことで、哲学の問題はすべて解決されたと確信した。それゆえ、哲学から卒業して転身しようと思いつく。第一次世界大戦に従軍したあとに彼が選んだ道は、小学校の教師だった。

目次
小学生のための正書法辞典
序 文
本 文
解 説

第88回 彩の国 所沢古本まつり

西武線所沢駅東口前 西武第二ビル8階 総合大会場 くすのきホールにて開催いたします。

2018年12月5日水曜日~2018年12月11日火曜日まで

時間:11:00〜20:00時
最終日は17:00までとなります。

・歴史・芸能・美術等の専門書から児童書・レコード・文庫・マンガなど
西武第二ビル 1階40台、8階300台 の多彩な品揃えでお待ちしております。

詳しくは、彩の国 所沢古本まつり<公式サイト>をご覧ください。

所沢駅から徒歩一分 西武第二ビル 詳しくは地図をご覧ください。

ヘーゲル 人と思想

寄川 条路 著
晃洋書房

amazonで見る⇒ヘーゲル ―人と思想―
紀伊國屋書店で見る⇒ヘーゲル ―人と思想―

この1冊でヘーゲルのすべてがわかる、伝記と作品の総まとめ。論理から自然へ、社会から国家へ、政治から経済へ、法律から歴史へ、芸術から宗教へ、あらゆるものを包み込む、壮大な学問の体系。(引用)

目次

序 章 ヘーゲルの生涯(1770年~1831年)
第1章 初期論集(1785年~1800年)
第2章 批評論集(1801年~1803年)
第3章 体系草稿(1803年~1806年)
第4章 精神現象学(1807年)
第5章 教育論集(1808年~1816年)
第6章 論理学(1812年~1816年)
第7章 エンチクロペディー(1817年~1830年)
第8章 法の哲学(1821年)
第9章 後期論集(1817年~1831年)
第10章 ヘーゲル学派(1831年~1890年)
第11章 ヘーゲルと現代思想
第12章 ヘーゲルと現代社会

新宿西口古本まつり

東京都交通広場にて 2018年11月25日~11月30日 古本まつりが開催されます。

時間 8:00~21:00(最終日は早めに終了致します)

神奈川県内業者中心に東京など含め約40店舗の大規模古本まつりです。

西口地下から都庁へ向かう途中にある広場です。A1、A2の区間にて開催中です。

新宿駅西口広場イベントコーナー