映画「道草」9月28日 東村山中央公民館 上映のおしらせ

ドキュメント映画 「道草」

監督:宍戸大裕

道草 ポスター表道草 ポスター裏

9月28日 東村山中央公民館で上映いたします!

※ バリアフリー字幕付上映


詳しい上映情報はこちらをご覧ください

当日券:900円 (前売り券700円)

開場 9:45分
開演 10:15分

※前売りチケット取扱所

社会福祉法人山鳩会 各事務所
ひなたの道 東村山市廻田町1-15-1
あきつの園 東村山市秋津町5-11-15
なごみの里 東村山市恩多町5-38-4
みどりの森 東村山市諏訪町1-27-2

昨今、ノーマライゼーションやインクルージョンが話題になることが多くなったように思います。厚生労働省の調査によりますと平成29年には福祉施設の総数は全国で約7万を超え増加しているようです。福祉施設といえど、老人・(精神)障害・身体障害・児童福祉と数多く含まれておりますが、ここでは障害者支援の話題に限定して話を進めていきたいと思います。

かつて日本では障害者支援施設が身近になかったため、「私人が行政庁の許可を得て、私宅に一室を設け、精神病者を監禁する」という制度が存在しておりました。家族が届出を出して特に精神障害者を自宅で監禁し外に出さない私宅監置が行われていたといわれています。ここに社会的な排除が行政によって管理されていた歴史が1950年ごろまであったことを省みますと、私たちは意識のどこかに、知らないがためにどのように接すればいいのかわからない事態を生んでいるのかもしれません。

話題のインクルージョン・クラスルームやインクルーシブ・エデュケーションを安易に賛同するつもりはありませんが、私の通っていた都内の小学校には「すぎの子」という軽度の障害がある児童生徒が通う通級指導学級が片隅に設置されており、関わりが断ち切られていない環境であったため、幸いにも今なお頭の片隅に生き続けているといえます。無理に一緒の教室内でなくとも、同じ校舎に居るということはとても大きいことのように思います。

しかし現代はもっと根底に問題の根があるのかもしれません。ポストモダンという言葉で表現されるような、根本的な人間観の混乱を尻目に、一人歩きしてしまう経済合理性とその画一化による価値観の硬直は、この場合例え障害者への理解を促したりしても排除が消えることはないように思います。ジャック・ヤングの『排除型社会』で指摘しているような、後期近代社会のある意味での社会的破綻は緩やかに進行していかざるを得ないのかもしれません。2018年に起きた南青山の児童相談所建設反対運動はヤングが指摘するような”安易な本質主義”の典型に見えますし、一方で包摂の急務から社会保障および福祉施設等が増え続けている事態は、昨今の財源問題と繋がるところがあるように思えます。そしてそこには上から為される包摂と税全般に対する”安易な本質主義”との齟齬が現れているように思います。

映画「道草」は宍戸大裕 監督による知的障害がある方の自立支援にスポットを当てたドキュメンタリー映画です。特別なことが起こるわけでもない日々の日常、しかしそこには私たちの普段の生活にはない、知らない人には知らない現実が映されています。

1981年国際連合の「国際障害者年行動計画」の中では、「ある社会がその構成員のいくらかの人々を閉め出すような場合,それは弱くもろい社会なのである」とうたっています。

日本が弱くもろい社会へと向かっているのかどうかはわかりませんが、2016年 福祉施設入所者19人を刺殺した相模原障害者施設殺傷事件や 2018年の省庁及び地方自治体等の公的機関で障害者雇用水増し問題にみれられるような、包摂の名の下で起こるある意味での偽善への抵抗の術がないことから、関連する事件の数々は私たちの内心を表す鏡として受取ることができそうです。

カウンセリングの祖といわれるカール・ロジャースはカウンセラーに求められる資質として「人間的可能性をもつひとりの人への無条件の肯定的な眼差し」を上げていますが、この点はカウンセラーに関わらず私たちの他者や自分自身への可能性への期待や希望の欠落は、いろんなところで何か困難が生じてしまうように思います。

哲学堂書店 浦山幹生

第五回 哲学プラクティス連絡会 開催のお知らせ

哲学プラクティスとは、おもに対話という方法を用いながら、哲学的なテーマについて共同で探求する実践的な活動をさします。哲学プラクティス連絡会は、哲学プラクティスの普及と発展、実践者や研究者の相互の交流をはかることを目的として、2015 年に発足した連絡会です。

第五回を迎える 哲学プラクティス連絡会が8月に開催いたします。

■会場
立正大学品川キャンパス3号館 1・2階
東京都品川区大崎4-2-16
アクセス
大崎駅、五反田駅から徒歩5分
大崎広小路駅から徒歩1分

■参加費
一般:2,000円
学生:1,000円
高校生以下無料
*ご参加にあたり、「哲学プラクティス連絡会」参加費を当日会場にて貰い受けます。
*学生の方は、当日、受付にて学生証のご提示をお願いします。

当該分野に関心のある方、どなたでも参加いただけます。

曜日別プログラムはこちら

※詳しくは、哲学プラクティス連絡会をご覧ください。

村上春樹 西田幾多郎 京都アカデミアフォーラム in 丸ノ内

東京都 丸の内で「京大 人文知」を連夜解放!

京都アカデミアフォーラムin丸の内


1月29日(火)18:30~20:00 村上春樹と《鎮魂》の詩学~3人目のガールフレンドと958,816枚目のピザをめぐって~

講師:京都大学大学院 人間・環境学研究科 准教授 小島 基洋

■京都で生まれ、いまや世界的な作家となったHaruki Murakami。『風の歌を聴け』(1979年)でデビューして以降、最新長編『騎士団長殺し』(2017年)に至るまで、彼の作品の中には、〈喪われた恋人〉直子が、その影を落とし続ける。代表作『ノルウェイの森』(1987年)を中心に、村上春樹の愛と喪失の物語を、京大若手人文知の一人である小島基洋准教授が読み解きます。

申し込みはこちらから


1月30日(水)18:30~20:00 西田幾多郎 その人と思想 ~京大時代を中心に~
講師:京都大学大学院 文学研究科 教授 林 晋

■日本を代表する哲学者で、京都学派の祖の西田幾多郎。彼の家族愛の深さや生活ぶり、本当に「哲学の道」で思考(デンケン)したかなど、その人となりや生活ぶりから哲学についてまでを紐解きます。講師は、日本最大級の規模と多様性を有する京大哲学・哲学史研究の一員で、情報学者でもある林晋教授が務め、旧西田居宅の保存運動やデジタルアーカイブ化の経験などを元にお話しします。

申し込みはこちらから


各回3,000円(大学院生・大学生・専門学校制:2000円、高校生以下:1000円)(税込み)

チラシPDF

会場は東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階

 

※京都アカデミアフォーラム 入館方法はこちらをご覧ください。