第五回 哲学プラクティス連絡会 開催のお知らせ

哲学プラクティスとは、おもに対話という方法を用いながら、哲学的なテーマについて共同で探求する実践的な活動をさします。哲学プラクティス連絡会は、哲学プラクティスの普及と発展、実践者や研究者の相互の交流をはかることを目的として、2015 年に発足した連絡会です。

第五回を迎える 哲学プラクティス連絡会が8月に開催いたします。

■会場
立正大学品川キャンパス3号館 1・2階
東京都品川区大崎4-2-16
アクセス
大崎駅、五反田駅から徒歩5分
大崎広小路駅から徒歩1分

■参加費
一般:2,000円
学生:1,000円
高校生以下無料
*ご参加にあたり、「哲学プラクティス連絡会」参加費を当日会場にて貰い受けます。
*学生の方は、当日、受付にて学生証のご提示をお願いします。

当該分野に関心のある方、どなたでも参加いただけます。

曜日別プログラムはこちら

※詳しくは、哲学プラクティス連絡会をご覧ください。

村上春樹 西田幾多郎 京都アカデミアフォーラム in 丸ノ内

東京都 丸の内で「京大 人文知」を連夜解放!

京都アカデミアフォーラムin丸の内


1月29日(火)18:30~20:00 村上春樹と《鎮魂》の詩学~3人目のガールフレンドと958,816枚目のピザをめぐって~

講師:京都大学大学院 人間・環境学研究科 准教授 小島 基洋

■京都で生まれ、いまや世界的な作家となったHaruki Murakami。『風の歌を聴け』(1979年)でデビューして以降、最新長編『騎士団長殺し』(2017年)に至るまで、彼の作品の中には、〈喪われた恋人〉直子が、その影を落とし続ける。代表作『ノルウェイの森』(1987年)を中心に、村上春樹の愛と喪失の物語を、京大若手人文知の一人である小島基洋准教授が読み解きます。

申し込みはこちらから


1月30日(水)18:30~20:00 西田幾多郎 その人と思想 ~京大時代を中心に~
講師:京都大学大学院 文学研究科 教授 林 晋

■日本を代表する哲学者で、京都学派の祖の西田幾多郎。彼の家族愛の深さや生活ぶり、本当に「哲学の道」で思考(デンケン)したかなど、その人となりや生活ぶりから哲学についてまでを紐解きます。講師は、日本最大級の規模と多様性を有する京大哲学・哲学史研究の一員で、情報学者でもある林晋教授が務め、旧西田居宅の保存運動やデジタルアーカイブ化の経験などを元にお話しします。

申し込みはこちらから


各回3,000円(大学院生・大学生・専門学校制:2000円、高校生以下:1000円)(税込み)

チラシPDF

会場は東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階

 

※京都アカデミアフォーラム 入館方法はこちらをご覧ください。