10月 2018Archive

浄土思想入門 古代インドから現代日本まで

浄土思想入門 古代インドから現代日本まで

平岡 聡 著
KADOKAWA

浄土思想入門

amazonで見る⇒浄土思想入門 (角川選書)
紀伊國屋書店で見る⇒浄土思想入門 (角川選書)

念仏を称えれば、死後には阿弥陀仏の本願力に乗じて、善人も悪人も平等に西方の極楽浄土に往生すると説く浄土教。死を直視する教えはどのように変容してきたのか。インドで誕生したブッダの教えが、その後中国から日本に伝わり、法然により大きく展開された。結節点である法然を軸に浄土教の教えに迫りつつ、死を隠蔽し、科学の知を万能視して自我の肥大化が進行する、苦悩に満ちた現代社会を強かに生き抜くヒントを提供する。(引用)

序 章 現代社会における浄土教の意義
現代とはいかなる社会か
現代社会を生き抜くために──物語の必要性

第一章 インド仏教史
初期仏教からアビダルマ仏教へ
大乗仏教の出現

第二章 浄土教の誕生
浄土教前史
浄土経典──浄土三部経と般舟三昧経

第三章 インドと中国における浄土教の理解
インドの浄土教家──龍樹・世親
中国の浄土教家──曇鸞・道綽・善導

第四章 鎌倉時代までの日本仏教
通史
浄土教の展開

第五章 法然の浄土教
生涯と思想
法然門下──聖光・隆寛・証空

第六章 親鸞の浄土教
生涯と思想
親鸞の継承者──覚如・蓮如

第七章 一遍の浄土教
生涯と思想
一遍と法然・親鸞との比較

第八章 近代以降の浄土教家
浄土宗系──山崎弁栄・椎尾弁匡
浄土真宗系──清沢満之・曽我量深・金子大栄

終 章 浄土教が浄土教であるために

第59回 神田古本まつり

第59回 神田古本まつり

100万冊におよぶ、年に一度の大バーゲン!

2018年10月26日(金) ~ 11月4日(日)
10:00~19:00

主なイベント

★書店と書棚に囲まれた約500mの「本の回廊」 青空古本市

★貴重書籍を集めた 特選古書即売展

★チャリティー・オークション

詳しくは神保町オフィシャルサイトをご覧ください。

最寄り駅
都営三田線 半蔵門線 新宿線 「神保町駅」より下車

力学の誕生

力学の誕生

オイラーと「力」概念の革新
有賀 暢迪 著
名古屋大学出版会

力学の誕生
amazonで見る⇒力学の誕生―オイラーと「力」概念の革新―

紀伊國屋書店で見る⇒力学の誕生―オイラーと「力」概念の革新―

自然哲学から自然科学へ、ニュートン以後の静かな革命。十八世紀のヨーロッパ大陸で、力学は生まれ直した。惑星の運動から球の衝突まで、汎用性をもつ新たな知が立ち上がる過程を丹念に追跡し、オイラーの果たした画期的役割を、ライプニッツやベルヌーイ、ダランベールやラグランジュらとの関係の中で浮彫りにする。(引用)

序 論 力の起源をたずねて

第1章 18世紀力学史の歴史叙述
1 解析化と体系化
2 活力論争と力の概念
3 「力学」の誕生

第Ⅰ部 活力論争と「運動物体の力」の盛衰

第2章 17世紀の自然哲学における「運動物体の力」
1 物体の中の「力」と衝突の問題 —— デカルト
2 「固有力」と「刻印力」—— ニュートン
3 「活力」と「死力」——ライプニッツ

第3章 活力論争の始まり
1 ドイツ語圏での支持拡大
2 オランダからの反応
3 フランスでの論戦の始まり

第4章 活力論争の解消
1 ダランベールの「動力学」構想
2 モーペルテュイの最小作用の原理
3 オイラーによる「慣性」と「力」の分離

小括 「運動物体の力」の否定とそれに替わるもの

第Ⅱ部 オイラーの「力学」構想

第5章 「動力学」の解析化
1 活力と死力、その異質性
2 活力と死力、その連続性
3 死力による活力の生成

第6章 活力論争における衝突理論の諸相と革新
1 衝突の法則と物質観
2 ス・グラーフェサンデによる「力」の計算
3 パリ科学アカデミー懸賞受賞論文
4 ベルヌーイによる衝突過程のモデル化
5 オイラーによる「運動方程式」の利用

第7章 オイラーにおける「力学」の確立
1 活力と死力の受容
2 「動力」、「静力学」、そして「力学」
3 ライプニッツ-ヴォルフ流の「力」理解に対する批判

小括 「力学」の誕生

第Ⅲ部 『解析力学』の起源

第8章 再定義される「動力学」と、その体系化
1 パリ科学アカデミーにおける「動力学」の出現
2 「力」の科学から運動の科学へ
3 ダランベールの「一般原理」と、そのほかの「一般原理」

第9章 作用・効果・労力 —— 最小原理による力学
1 弾性薄板と軌道曲線における「力」
2 「労力」の発見
3 最小労力の原理
4 2つの最小原理、2つの到達点

第10章 ラグランジュの力学構想の展開
1 「動力学」のさらなる体系化
2 「普遍の鍵」としての最小原理
3 「一般公式」の由来と『解析力学』の力概念

小括 静力学と動力学の統一、あるいは衝突の問題の後退

結 論 自然哲学から「力学」へ

『哲学探究』とはいかなる書物か

『哲学探究』とはいかなる書物か

理想と哲学 ウィトゲンシュタイン『哲学探究』を読む
鬼界 彰夫 著
勁草書房

『哲学探究』とはいかなる書物か

amazonで見る⇒『哲学探究』とはいかなる書物か
紀伊國屋書店で見る⇒『哲学探究』とはいかなる書物か

『探究』は何のために書かれたのか? そこで示された「哲学」の姿とは? 「日記」を手がかりとして、この書物の謎を解き明かす。『探究』に隠されたウィトゲンシュタインの哲学的思考と彼自身の生の内的な結びつきを、「日記」や手稿ノートなどの新資料を駆使して解明。この書物が何のために書かれたのか、そこで示された哲学の姿とはいかなるものかを明らかにし、謎に包まれた本質に迫る。(引用)

第1部 準備第一章 謎としての『哲学探究』とそれを解く鍵
1『哲学探究』の難解さと謎
2『探究』という謎への鍵(1)――『探究』と「茶色本」(あるいは「青色本」)との類似性
3『探究』という謎への鍵(2)――『探究』と「茶色本」(あるいは「青色本」)との決定的相違

第二章 謎を解く鍵としての「哲学論」(§§89~133)――読解の手掛かり
1『哲学探究』における「哲学論」の位置づけと意味
2 我々の「哲学論」解釈が答えるべき問い
3「哲学論」のテキストの成立過程とソース

第Ⅱ部 読 解

第三章 論理と理想――「哲学論」前半(§§89~108)
1「哲学論」前半の読解の手順と手掛かりとなる背景的事実
2「論理の崇高性」の問いの意味――§89a
3「論理」を巡る『論考』の錯覚――§§89b~92と§§93~97
4「理想」についての根本的誤解――§§98~108

第四章 新しい哲学像――「哲学論」後半(§§109~133)
1 テキストの構成とMS142(およびTS220)との関係
2 『論考』の根本的誤解からの脱却の道――§§109~118
3 新しい哲学像の苦悶の中でのアフォリズム的予見――§§119~129
4 新しい哲学と「言語ゲーム」――§§130~133
5 世界の相転換としての哲学――『探究』最終版から消えた哲学論

第Ⅲ部 応 用

第五章 我々に示されたもの
1 科学
2 哲学

大学公開講座(哲学)の最新情報を更新いたしました。

大学公開講座(哲学)の最新情報を更新いたしました。

大学公開講座(哲学)の最新情報を更新いたしました。

更新が遅れてしまいましたことお詫び申し上げます。

「いま、哲学をはじめる」、「「哲学カフェ」にようこそ!ぶらり西洋哲学の森へ-西洋哲学を知る・読む & 楽しむ:シーズン〈秋〉」、「日本中世の思想 日本思想史」、「プラトン『アルキビアデス』を読む-自己を知るとはどのようなことか」、「哲学のあゆみ ― 思想の巨匠たち ―」、「現代社会の諸問題-中世哲学の視座から現代を考察する」、「ソクラテス以前の哲学入門-ナクシマンドロス / ヘラクレイトス / パルメニデス / エンペドクレス」、「カント哲学を知る」を追加いたしました。

一部講座の応募が締切間近となってしまいましたことお詫び申し上げます。

詳しくは大学公開講座(哲学)の最新情報をご覧ください。

考えるとはどういうことか

考えるとはどういうことか

0歳から100歳までの哲学入門
梶谷 真司 著
2018年9月27日 発売中
幻冬舎新書

考えるとはどういうことか

國分功一郎さん推薦
「この本は皆で哲学の生まれ故郷に行ってみようという誘いである。 私たちの社会はあまりに多くの問題を抱えている。だから一人一人が哲学することがどうしても必要なのだ」

amazonで見る⇒考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書)
紀伊國屋書店で見る⇒考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書)

「考えることは大事」と言われるが、「考える方法」は誰も教えてくれない。ひとり頭の中だけでモヤモヤしていてもダメ。人と自由に問い、語り合うことで、考えは広く深くなる。その積み重ねが、息苦しい世間の常識、思い込みや不安・恐怖から、あなたを解放する-対話を通して哲学的思考を体験する試みとしていま注目の「哲学対話」。その実践から分かった、難しい知識の羅列ではない、考えることそのものとしての哲学とは? 生きているかぎり、いつでも誰にでも必要な、まったく新しい哲学の誕生。(引用)

コラム:「考えること」はなぜ大切か?その本当の理由